大分臼杵 にこにこ整体院 頭痛・頭痛整体・美容整体
〒875-0216 大分県臼杵市 野津町大字亀甲1317

にこにこ整体院



MENU
index_23

アトピー性皮膚炎2

 5db722b2afce4bc80fc1d4601af37025_s

 

こんにちは。大分にこにこ整体院の首藤です。

アトピー性皮膚炎について自宅で気をつけたいことをご紹介します。

 

<アレルゲンを避ける>

ハウスダストや花粉がアレルギーを起こす原因となり、

アトピー性皮膚炎を発症させることがあります。

ダニを増やさないためには、絨毯よりフローリングの床材がオススメです

窓を開けてよく換気を行いながらこまめに掃除をします

寝具は日光にあて、掃除機で吸い取ってから使うとダニの発生を防止するのに効果があります。

花粉の季節は、花粉を室内に持ち込まないように気をつけます。

帰宅後はコートについた花粉をよく払ってから部屋に入る、

風の強い日は窓を開けない、などといった工夫も必要です。

空気清浄機をつかうのも一つです。

 

 

<正しいスキンケアを行う>

肌を清潔に保つために、石けんを使って身体を洗います。

刺激のない石けんを選び、よく泡立ててから手で洗うようにしましょう。

タオルやスポンジなどを使うと皮膚を傷つける恐れがあるので、素手で洗います。

洗った後の皮膚はどんどん乾燥します。

洗い終わったらすぐに、

処方されている外用薬を塗る(処方されているものがあれば)ようにしましょう。

その際、指示された分量を守ることが大切です。

 

 

<身体への刺激を減らす>

香辛料などの刺激物やアルコールをとると、かゆみが増すことがあるので控えめにします。

また、皮膚への刺激を少なくするために、寝具は毛羽立たない柔らかい素材のシーツを使いましょう。毛布にもカバーをかけます。

下着は木綿素材を選び、洗濯洗剤が残らないようによくすすぎます。

汗が刺激になることもあるので、汗をかいたときは早めにタオルをあてて吸い取りましょう。

この他にも、長い髪は結ぶ、化粧品は多く使わない、アクセサリー類は身につけない、などを実践すれば肌への刺激が少なくすみます。

精神的ストレスが症状の悪化につながることもあります。特にかゆみがひどいときや中々回復しないときは、気持ちが落ち込むことがあるかもしれませんが、なるべく心に余裕が持てるようにリラックスすることも大事です。

 

 

まとめ

自宅では、アレルゲンを避けることを意識します。肌への刺激を避けて正しいスキンケアを続けることで、かゆみの症状を改善させていきます。アトピー性皮膚炎の治療は長期間続くこともあるので、なるべくストレスがかからないように無理をしないことが大切です。